スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2013年02月24日

何処まで行けば...



ここ最近、チューンというまでではないがM24SWSの内部を見直しながら各部の調整をしているのですが、ふと思うコトがある。


何処で納得するのだろうか?


飛距離を求める。
50m先の敵に当てたい。それよりも先の敵に当てたい。ボルトアクションライフルは電動ガンより飛距離を出せないとウソになる。例え1mでも上回らないとウソになる。法規制0.989ジュールの中ではパワーだけでは壁がある。そうではない方法を先人がやっているのを探し出しノウハウは確実に手に入れ実践できるようになった。コレはクリア♪

精度=グルーピングを求める。
あのブッシュの向こうで見え隠れするターゲットに当てたい。手を開けたくらいの隙間を確実に射抜きたい。もちろん射抜くにはバレルのブレ止めにはじまり、チャンバー内部やシリンダーとピストンのクリアランスと気密の保持、トリガープルの度合いが有り、外的要因と所作で言えばBB弾の精度もあるし細かく言うとボルトの引き具合や息づかい、姿勢など己の腕もある。コレはとりあえずクリア(笑)


弾道を求める。
ボクの主フィールドはブッシュの濃い山である。ボルトアクション使いにはこれといってないほど良いフィールドである。しかしブッシュの向こうに見え隠れするターゲットを射抜くには「山なり弾道」ではハナシにならない。障害物や遮蔽物がワンサカあるフィールドでは「山なり弾道」は使えない。そして好きではない(笑)できるだけ長い距離を保てる「低伸水平弾道」がとても重要になる。コレには苦労させられた。使用するパッキンとインナーバレルの加工が肝なのだが多くは語らないでおこう(笑)コレは納得しているのでクリア♪


流速チューンはしない。
ボルトアクションライフルに流速チューンてのがいちばんキラいなのです。とてもセンスがない。クリアとかそんなんぢゃう却下である(笑)電動に使用してる際のあのマズルからの発射音はとても好感がもてるがボルトアクションにゃナンセンスである。

音を気にする。
発射音であったりピストンとシリンダーヘッドの打撃音、バネ鳴りがあるのだが、どうにもならないのが発射音である。信太郎はこれをサイレンサー無しで消すのが上手い。TYPE96、A&K M24、側だけサンプロM700のどれもがサイレンサー無しでの見事な消音である。ボクはそのノウハウは未だに知らない。少しだけ音は残しておきたいのである。ちょっとだけ発射音が聞こえる一撃てのはとても恐怖であり効果がある。その点ではpirosiちゃんのサンプロM40の発射音は絶妙である。コレはこれからの必須課題である。

操作性の向上。
実際のボルトアクションライフルのコッキングてのはとても軽やかでスムーズである。弾を薬室に送りソレを排莢するのが主な役割なので当たり前なのだが。エアコッキングてのはそうではない。スプリングのストレスがありシアの掛かり方によっては初速の誤差も出てくる。滑らかで確実性のあるコッキングを行えるのがイチバンである。コレも一応は及第点ではある。

パーツの耐久性と剛性。
道具というのはいつかは必ず壊れる。これを踏まえながら使ってはいるが「壊れやすい」のはいただけない。M24の壊れやすい部分はアルミやステンレスで製作してもらったが長年使用していて疲労しているパーツというのは必ず出てくる。コレはパーツ取りとして一丁ある。が、もう一度疲労しているパーツを洗い出そうと思う。とりあえずクリア♪

ライフルの偽装。
簡単に取り付けられ大仰でなく効果のある偽装をする。コレは装着面以外はクリア♪

ライフルスコープの選定。
もう今は実スコープを買うコトしかアタマにない(笑)あんな綺麗なの見せられたら魅せられちまうぢゃないか(¬_¬)

他にもまだ色々あるのだが多分ね、突き詰めていくと納得なんてなかなかしないのだと思うのね。

何故ならそれが「向上心」てヤツってか?四十路のヲッサンのセリフか「向上心」て?(笑)ライフルも自分自身も含めて見えてなくてもまだまだやらなあかんコトがいっぱいありそうだこりゃ(笑)

壇蜜ふたたび(笑)

ではでは♪  続きを読む

Posted by ボーノ at 23:55Comments(4)ヒトリゴトゴト

2013年02月23日

レベルを出すのてメンドイのォ...



スコープを載せる際にマウントのレベル(水平)てのは大事です。

マウントベースが左右どちらかに傾いていたりバレル側とボルトハンドル側が斜めって装着されていると照準の水平を出す際に微妙な違和感を受けたり発射されたBB弾がドラグノフに装着するPSO-1やPSOPを覗いた時の様に左から右に射出されている(逆も然り)ように見えます。

今現在販売されているエアガンのマウントてのはなかなかしっかりしていてリングをしっかり付けてスコープの水平さえ出せばきっちりしたモノになります。

しかしですね実物なんぞを加工して付けようとしたらケッコーヘンタイなんですよ...あ...ケッコータイヘンなんですよ(¬_¬)

ボクのM24てのはUS OPTICS M700 LONGてマウントベース付けてるンですが最近ボルトマンに本格復帰を六割ほどしたンで(笑)気付いたんですがスコープから見えるBB弾の弾道に違和感を覚えたンですね。ンで水平器当ててレベル見てみると...

レベル保ってねぇのよ(笑)

四本のM3ボルトで固定してあったンですがコレがズレてやがるの(ーー;)

どおりでスコープの中の水平器合わしたらライフルが傾くわけや...てか、覗いてみた時点で気付かんとはモーロクしたわぃ(笑)電動に逆上せてたンやねぇホンマに(¬_¬)


ちまちま修正してみてやった。
明日撃ってみてOKならイイんやけどね♪(´ε` )

それでは好きな唄でも聴きながら床に就きますわ♪

http://www.youtube.com/watch?v=nj1ZhsH1930&sns=em

ではでは♪  

Posted by ボーノ at 01:39Comments(0)M24 SWS

2013年02月17日

CAW M24SWS vs SUN PROJECT M700


ウチらのフィールドはやっぱり良いフィールドです♪
再認識しちゃいました(笑)

久々にボルトのみでやってみたんですがやっぱり良いです。手コキてのが性に合うンでしょうね。午前中は感が戻らずにあまり良くなかったンですが午後からのルールで感が戻りました。

1チームに約20人、ソレを3〜4人小隊でチームを組み個人プレーはナシというカタチでゲームを進行していくというルールだったンですがウチらはオーバー四十路オーバー軍団(笑)相手はNOWでヤングなプリティ...とは、ほど遠い自己主張ゴイゴイ軍団(笑)コレがボク個人的には功を奏しました♪

2ゲームほどコレをしたンですが四十路オーバー軍団にボルトアクションを持つのはボクのみ。1ゲーム目は撃つコトはせずに「スポッター」に徹したンです。肉眼で敵の影を確認しスコープにて特徴を捉えて味方に指示...してたら「イッチャランカイMさん」が肉眼で同じ指示...どんだけ見つけるン早くて目がええねん(笑)

その後の2ゲーム目も同じコトをしてたンですが「側だけサンプロM700中味はとんでもなくなってるんだぞ信太郎」がイヤラシイ行動をしてヲッサンチームの半分以上の人数を撹乱してたのでヲッサン軍団とは少しルートを変え信太郎の見える位置まで移動。見えてから少しの間ヤツの動きを確認してから再接近。距離20mくらいか。左肩から背中を通しOAKLEYのグラサンが見える...

コメカミ撃ちてぇーーーッ( ̄▽ ̄)

というキモチを抑えて背中に一発を放つ優しいボク(笑)その奥にいるHKいっちゃんも頂いた時点でゲーム終了♪

この時点でスナイパーとしての視界と動きが戻ったようです。

最終ゲームにて山側と川沿いの遮蔽物が何もないただの草むらにギリーをまとって寝そべっているとセーフティへ帰る道から「あんなトコロに寝そべっていて撃たれないんですか?」と若いコが言うのに対しノベスケとん平が「あそこは山側から見ると斜面になっていて見づらい」みたいなコトを言いながら講釈タレてるのが聞こえ「なかなかええコト言うとるやんけワレ♪」と感心しながら先ほどチラ見してた信太郎のアタマが出てくるのを待ってました。

居場所はわかっていました。距離は30mあるかな?てな感じです。
イッチャランカイMさん、リコイルM16を撃ち込むベトナムM本さんが信太郎のクソチョーシの良い側だけサンプロの凶弾にオチていく中、ヤツのアタマとグラサンが出てきました。既にスコープに捉えていたのでトリガーを絞りました。信太郎のすぐ後ろの竹にカコンと当たりました。


そぅ...ハズしたのです...


弾道を見られ後は位置を確認するだけだろう信太郎をもう一度待ちます。次に撃つ弾はさっきよりムズかしいです。竹に当たった音で距離が近いと把握しているのてすから、あとはブッシュと遮蔽物越しにこちらを確認すれば作戦が立つのです。

そう考えると気配を察知し出る刹那を射なければすぐにアタマを引っ込め有利な位置まで移動するでしょう。

スコープの倍率を6倍から4倍に絞り視界を広げ遮蔽物のどちらから出て来ても捉えられるように視界を切り替えるとまた緑のニット帽が現れました。


一撃・・・


ニット帽の右上3cmを抜けていくBB弾...


「3cmズレたぁーーッ(; ̄O ̄)」


というココロの声が口から出てしまいました...この時点でボクの位置を把握したらしいです(¬_¬)その後うしろへ少し移動した信太郎を見失い一撃いただきました(T ^ T)

みなさんグラサンて目線が分からないので気をつけましょう...
声さえ出してなければボクはまだまだ有利な状況だったのです...

てか、声出すスナイパーてどうなんですかね?
以後、気をつけます( ̄^ ̄)ゞ

そして、その一撃を放った「側だけサンプロM700」なんですが飛距離、弾道はボクのM24とほぼ同じなんですがグルーピングがすこぶる良いです。

さて、もう一度「ボルト修羅の道」へ舞い戻りますか...


ではでは♪  

Posted by ボーノ at 23:25Comments(5)サバゲ

2013年02月16日

私的狙撃論 2nd vol.23「実践」


年またぎですが久々に「私的狙撃論」を♪

ボルトアクションライフルを使いサバイバルゲームをしていると

「狙撃している人間て弾数てそんなにいるものか?」

と良く思うのです。

きっちり自信を持って仕上げたライフルを携えフィールドに出ますよね?

ボルトマンてのは自分の道具てのを把握していなければなりません。人間てのは良いイメージだけを残すというザンネンな性を持っています(笑)自分のライフルのクセなり悪い部分(←好みの問題で意図して残してる人もいますwもちろん操作性、弾道などは別ですよ)を把握してゲームをしていると、そんなに弾数はいらないと思います。

ライフルの仕上がりに不満を持ってフィールドに出てはイケマセン...悲惨な結果となり帰りには遠い目をしている自分が其処にいます←経験者談w

そんなこんなでアタシは明日のゲームで「装弾数10発×3マガジン」でやりますw




え?

M24て「装弾数5発」ぢゃないの?





そんなツッコミは許してチョンマゲ(¬_¬)

そこまで自信の持てるライフルと腕ではないんで(笑)
明日の山の状態とアタシの状態がマッチしてればやってみますけど( ̄^ ̄)ゞ


ではでは♪  

Posted by ボーノ at 22:00Comments(0)ヒトリゴトゴト

2013年02月10日

It became comfortable M24 over



ボ「あとちょいと調整しとこかねぇ...」

信「まだイジるンすか?(ーー;)」

ボ「いや、シアの掛かりをもぅ少し滑らかに」

信「あぁ、そゆコトですか(´o`;」

今日の夕方の会話である。

自分の家の2階からの試射ではイマイチ距離感と弾道の伸びが判りづらく、別の場所へ試射へ出掛けようとした時に電話が鳴り開口一番「試射行こうかッ?」と言うと笑いながら「とあるブツ」を見せて欲しいというので信太郎工房へ。

どうやらサンプロM700に煮詰まってるらしい(笑)

確かにアレは良い意味でイジり甲斐があるが機会工作の確かな腕と柔軟な発想が無ければおいそれとイジろうとしないのが無難であるホンマに...

しかし、とうとうアタシのマル秘にしていた部分に気づきやがったのであるアノヤロぉ( ̄ー ̄)ヤツの工房にあったあるモノを見て思わずほくそ笑んでしまったが最後、気づきやがった...

人の表情見て気づきやがるとは、まったくもってエロいヤローである( ̄▽ ̄)

まぁそういうコトで仕上がったM24を試射してみると“バツグン”である♪ 2,3発撃ち伸びが無いのでHOPを2クリックほど絞り再度撃つ...

マーベラス♪

もぅ言うコトは無い。
初速を測ると「81.5m/s」近辺をちらほら...スペーサーを1枚スプリングガイドに加え再度測ると「83.5m/s」となる...

マーベラス♪

トリガーユニットの仕組みを信太郎に告げ、そろそろ晩ゴハンを作りに帰らねばならない時間となり信太郎もヨメを送りに行かねばならないらしいのでココでエロエロ座談会撤収。

かかって来い獅子舞よ♪
相談ならいつでも乗るよicon06
でも、お手柔らかにね(笑)


要は妥協なくホンキで納得できるモノができたのだ♪


後はこんな観測手が隣りにいて...くれなくて良い(笑)


今んトコ自分の中でコイツを超えるモノはないと再々々認識した♪

みなさん、ボクの自己満足に何度も付き合ってくれてありがとう(笑)


ではでは♪  

Posted by ボーノ at 23:26Comments(2)ヒトリゴトゴト

2013年02月09日

CAW M24SWS ver.3をクチュクチュ♪


内部パーツに関しては、もはやトリガーユニットとチャンバーのみが純正品となってしまってから約一年。

もういいだろう...

と思ってから半年。

少し魔が差しM4遊びをしていたのであるが...

またもクチュクチュしてしまう...

ナニを求めている...

勝てるライフルは要らない。

欲しいのは納得のいくライフルである。

長く使い続けるとそうなってしまった(笑)

さぁ困ったモンだ...


ではでは♪  

Posted by ボーノ at 00:55Comments(2)ヒトリゴトゴト

2013年02月03日

スナイパーの装備を考える つづき


先ほどの記事が偽装のベースだけでしたので少し書き足します。

カッコいいスナイパー装備ていうのがなかなか無いですよね?

マガジンなんてストックポーチのポケットに2コ入りますからライフルに装填しているモノを足すと60発あります。そんなに撃つコトはないんですがコンパンの太もも前方に配置されているポケットに念には念をてな感じでもうひとつ入れてますから80発あります。そんなに撃ったコトありません(笑)臆病なんで入れてると安心しちゃうンです。

ハナシが逸れましたね。

MK18を持って装備を充実させるようになると(まだまだなんスけどねw)無線やセカンダリーを装備するのもアリかな?
それ以外の小物も着けて雰囲気出してみるのもアリかな?
みたいな感じになってきたんですね最近。

ギリーで偽装してるだけぢゃ面白くなくなってきちまったンでしょうか?(笑)

例えば悪い体勢で撃たなければならない場面てのも少なからずあります。そんな時に何か「補助」してくれるモノを携行していれば少しは楽になるンではなかろうか?

セミオートでは楽な場面でもボルトアクションぢゃシンドイ場面てのは多々あります。

追いつめられるとホントにシンドイんです。そのシチュエーションが好きなんですが(笑)

「あそこにいたのに何処行った?」
「さっき見えてたのにもぅおらん(;゜0゜)」

逃げの場面でこういうセリフが聞こえるとタマランです。ほとんどヤられてしまって今まであまりないンですがね(笑)



S.O.TECH Sniper Hydration Harness (SHH)

「米軍装備メーカーS.O.Tech製のスナイパーの為にデザインされたハーネス、スナイパーハイドレーションハーネス(SHH)です。

スナイパーは通常のミッションの装備に追加して、狙撃の為の装備を携帯します。脇の下から背中にかけてのウェビングに自由にポーチが追加できること、フロントがオープンになっている事で、スナイパーの一番多いポジション、プローン(伏せ寝)状態の際に腹部が圧迫されない状態で手の届く位置にマガジンやポーチ類が配置できるスナイパーだけでなく、シューター全般に最適のデザインです。

また、他のバックパック等と連結でき、荷物を持ち運ぶための機能も優れています。ショルダーストラップと、ウエストのウェビング2本がファステックスバックルでしっかりとロックされ、ワンタッチで脱着が可能です。」 



by どこぞのSHOPの商品説明から引用w

このハーネスはずいぶん前から販売されてたりオクで見かけたりしてたんですが当時は「いらねぇよ、フンフン(-_-)」てな具合だったんですがボルトマンを煮詰めていくにつれて・・・

母ちゃんコレ買ってぇ~♪

になってきています・・・

買う時の理由として「夏場のクソ暑い時期に四十路のキタナイ干物が山の中で転がってるとカッコ悪いやん?こいつは背中のハイドレーションに冷たい清涼飲料水を入れれてチュ~チュ~飲みながらパチパチ撃てるスグレモンなんやicon06かわいいダンナのチョイ禿げた干物見たないやろ?
チュ~チュ~したるから買うてicon06





今は真冬である・・・


ではでは♪  

Posted by ボーノ at 22:48Comments(5)ヒトリゴトゴト

2013年02月03日

スナイパーの装備を考える

本日、風邪にてサバゲに行けなかった四十路です(¬_¬)

さて、そんな穏やかな天気の日曜の昼下がりアタシはギリースーツを再度製作しようと考えてたンですがヤメました。

今のギリースーツは明日香縫製のフード付き迷彩カミースをベースにネットを付けギリージュードを結って仕上げたモノであります。

渾身の作品だと思っていたのですが偽装するにゃ良いのですがプルオーバーで丈が膝上までありナカナカに使い勝手が些かよろしくないのです。

気分的にはこんな感じですw


シッティングしているとブーツでスソを踏んでしまったり、フードが少し小さいが為に息がこもりゴーグルを曇らせてしまいます。新しくベースとなるモノを年末くらいから探してたら以下の三点が候補に挙がりました。


・COBRA HOOD(メッシュ地のフードにマルチカムやTAN系の生地で出来ておりそこにパラコードを這わせじゅーを結いつけるタイプ。約3万いぇん( ; ; ))

・VIPER HOOD(基本的にはCOBRA HOODと同じであるが装備をしていても羽織れる様に背中部分が空いている仕様。約1.8万いぇん。)



・SNEAK HOOD(x115x tailerさんが製作販売している3D立体裁断カモを使用して作られたスグレモノ。カタチはVIPER HOODと同様。1.8万いぇん。)



スゴく迷ったンですが上記の中でボルトマンとしてはCOBRA HOODがイチバンなんですがお値段が...( ; ; )

他の二点だとどうしても背中が見えてしまってボルトマンには致命的である。一瞬の誤魔化しなら良いのだが敵は前から来るだけではない...セミオートスナイパーをすればツブシが効くのだろうが電動にギリーてのは、どうにも楽すぎてツマランのである。主義に反するンです。ひとことで言えば...

オトコマエぢゃないo(`ω´ )o

こんなコト言うと反論わんさか言われそうですがソコは頑固一徹なヲッサンの戯れ言だ。スルーしちゃらんかぃ(笑)

で、ですねネットを駆使してると見つけちゃったのよ。何を見つけたかは言わんけどね。アタシの希望に叶う素晴らしいモノであるのはマチガイないが♪

ではでは♪  

Posted by ボーノ at 16:55Comments(4)ヒトリゴトゴト