スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2016年11月13日

私的狙撃論Z(M24SWS仕様内容)

「私的狙撃論」久々に書きます。

今回のお題は「老眼との戦い」...ウソです(笑)なんだかんだと色々なライフル買ったり譲っていただいたりしても、M24SWSに戻ってきてしまいますのでM24SWSの今の仕様をブログに書き記し残してみようかと...

・ライフル=CAW M24SWS ver.3(CAW直営店モデル)
・スコープ=Leupold MK4 LR/T M3 3.5-10×40mm TMR
・スコープリング=Badger Ordnance 30mm Low Mount Ring
・スコープマウント=U.S. Optics Remington M700 LA Mount
・バイポッド=Harris Ultralight Bipod SERIES S/Model LM
・スリング=米軍官給品 MRT Sling


ここまでは製品の仕様。下記はワンオフなカスタムパーツ。

・シリンダー=ワンオフNovtalow工房製ステンレスシリンダー(昨日、ミッチャクロンと艶消しブラックにて再度お化粧w その後信太郎もトレポンのシリンダーをお化粧www)
・シリンダーヘッド=Novtalow工房製真鍮シリンダーヘッド
・ピストン=Novtalow工房製アルミピストン or Noppo's アルミピストン
・チャンバー=CAW純正カスタム参型
・チャンバーパッキン=KTW M70パッキン
・インナーバレル=CAW M24純正カスタム
・インナーサイレンサー=Novtalow工房ベースカスタム


ハイ。カスタムパーツに関しては市販品はありません(笑)
壊れやすい、壊れそうな、壊れてしまった耐久性のないパーツは全てワンオフ。狙撃に必要で外観を損なわないようにするためのパーツも全てワンオフパーツ。良いチームメイト達とオトナな仲間に恵まれていますホンマに。あとはボクがアタマに描いた飛距離と弾道、使い勝手の良さはゲームで使用し試射や的撃ちを行い煮詰めて調整とチューンを行いました。まだ今もやってます。
さすがにイジっていて以前より悪くなるコトは無くなりましたが「もう少しもうちょっと...」という思いが弄り出すと止まりません(笑)


遠距離狙撃...一撃必殺の醍醐味を味わえるのはやはりボルトアクションライフルに限ります。そのためにまた毎日ライフルを触り出すようになってしまいました(笑)

全然、狙撃論ぢゃ無えな(笑)
良い子は早く寝ましょう...

ではでは♪  

Posted by ボーノ at 23:40Comments(2)ヒトリゴトゴトM24 SWS50m狙撃

2016年11月07日

Do so, what was so‼︎

もうじき、東京マルイさんのM40A5が発売されますね...年内には発売されるンでしょうね...どうなんでしょうね?発表されて即予約したボクは今年最大の楽しみなんですけどね♪ まぁ焦らずじっくり待ちましょう。


さて、今回はいつものCraft Apple Works M24SWS ver.3です。購入したのが2009年の夏頃でしたから7年以上使い続けてます。有料のCQBフィールド以外ではほぼメインアームです。と言ってもウチらのサンニコフィールドや交戦距離が30m以上とれるフィールドでないとじっくりヤレないし、最近はフィールドに持って行くの忘れたりするコトもしばしば(笑)

でも、やっぱりクセも熟知していてイチバンしっくり使い熟せて満足できるライフルなんですよね。

さてはて、そんなM24SWSなんですが純正のマウントベースがモゲてしまいました...と言ってもLeupold Mark4を模したベースには前後に2本ずつのM3?の六角ボルトで留められています。のですが、経年劣化とレシーバーの材質とアタシの酷使のお陰で後部の2本のボルト穴が「バカ」になりマウントベースがレシーバーから浮いてしまう始末となりました...

CAW製のM24SWSは廃盤となり、数年前に部品注文をした際はもうストックもないという顛末でクラフトアップルワークスは名前を変えモデルガン専門?の会社となっています。

そんな具合ですのでパーツ取りなどは無理(笑)タップでも切り直そうかと考えていたのですが...こんなコトもあろうかと部品取りにもう一丁アタシは所持しております。さて予備のM24SWSの箱を開けレシーバーを取り出すと...


‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎

なんぢゃーこのマウントはぁーー‼︎‼︎‼︎

と思いつつ思い返してみるとARES M40A3買う以前に大改修したんですね。その時にU.S.Optics製のRemington M700 ロングアクション用のマウントベース購入してレシーバーに実銃のマウントベース付ける方法調べながら取り付けていたの思い出しました。で、今まで使ってたレシーバーとマウントベースは仮組みしたままで放置しARES〜VFC M40A5に没頭していったのでした...その後、米陸軍装備に興味を持ちM24SWSを復活させた時にはそんなコト忘れてしまっていました(笑)メインアームと言うにはおこがましいですな(笑)
しかし、刻印があるとなんだか「シュッ」としますね♪ エジェクションポート側の写真しか載せてませんがレシーバーにもCAW直営店で購入したM24SWSにある「Remington MODEL 700 M24」とシリアルナンバーのレーザー刻印があります。U.S.OpticsのマウントベースはM24SWSとしては成り立ちませんが、ここは個人の好みのカスタムという設定で押し通します。故クリス・カイルも自分の使いやすいようにカスタムオーダーしたでしょ(笑)

では最後にM14を使う1800年代のイギリス歩兵の画像とともにwww


ではでは♪  

Posted by ボーノ at 22:17Comments(0)M24 SWS50m狙撃